鍵

本格的な防犯に活用

カギの救急車、カギの110番の特徴

乗り物

カギの救急車、カギの110番は一般社団法人、カギの110番・カギの救急車が運営しています。 カギの専門店と思われがちですが、実はカギに関するトラブル、ドアに関するトラブルや、防犯カメラ、防犯ガラス、金庫など、多様なサービスを扱っています。 一部地域では24時間カギのトラブルに対応しているため、家の鍵を無くした時の緊急窓口として利用可能なので、万が一の為に最寄りの営業所の電話番号を登録しておくと便利です。 注意点はアパート等賃貸物件のカギを無くした時です。カギの救急車で合いカギを作る事は可能ですが、無くした鍵が犯罪に使われることもあります。落とした場所が明確で、拾う事が不可能な状況を除き、カギ自体の交換も必要になってきます。 賃貸物件では大家さんや管理会社への連絡も必要になるので忘れない事が大切です。

防犯対策ならカギの救急車へ相談

カギの救急車ではWebサイトに各都道府県の発表している防犯情報、犯罪件数を掲載しており、本格的な防犯対策が可能です。 カギもシリンダー錠だけでなく、電子錠でスマートフォンや防犯システムと連動させたものなど、最新機器も揃えています。 工事事例と泥棒の手口、対策の一例も載っています。 例えば、ガラス窓は何も補強されておらず、補助錠がついていない物が狙われ、ドアの鍵も補助錠がついているだけで狙われ辛くなります。泥棒は自分が迅速に侵入できそうな防犯意識の低い家の方が入りやすく、ガラスに防犯シート1枚を張るだけでも侵入される確率を下げられると言えます。 カギの救急車にはカギの専門家がいるため、実店舗に行って相談してみるのも良い方法です。